手話について

手話について

手話とは

耳や口の不自由な人が音声言語の代わりにコミュニケーションを取る際に使われる、手や指だけでなく、表情や顔の動きなどを使って表現する視覚言語のことを指します。

手話の種類

手話は世界共通ではなく、日本で使われている手話は日本手話で、その他アメリカ手話、イギリス手話、中国手話など国によって使われる手話はそれぞれです。それに加えて、国内でも方言などの違う表現も使われます。

手話の勉強方法

手話を学ぶには、達成したいレベルに応じて勉強方法がさまざまです。趣味程度で学びたい方はまずはテレビで手話番組を見始めてみることから始めてみてはいかがでしょうか。また、サークルやコミュニティを見つけて、手話をたくさん日常で使うことは楽しく学べる方法かもしれません。他にも下記の方法があります。

  • テレビで手話番組を見る。
  • 本を買って勉強する。
  • インターネット上の勉強ツールを使う。
  • 学校や地域の手話サークルに参加する。
  • 手話講習会に参加する。
  • 専門学校や養成学校で学ぶ。

AIテクノロジーの活用

世界各国でAI技術を使って手話を必要とする方と手話が分からない方の会話やコミュニケーションを円滑にする動きが活発になってきています。

アメリカ手話(ASL)をリアルタイムで英語に変換するAIツール(電子部品オンライン販売を行うRS ComponentsのTwitterより引用)の開発が進んでいたり、ソフトバンクではSureTalkという画面を通して手話ユーザーと音声ユーザーがコミュニケーションをするアプリを出していたりと、人工知能や様々な技術を駆使すれば、今後手話を必要とする人と手話が分からない人の会話もっとスムーズなものに変化していくことは間違いありません。

手話の今後

スターバックスが国内初の手話が共通言語となるサイニングストアを都内にオープンしたことも話題になりました。AIテクノロジーを使えばもちろん手話が使えなくても耳やことばの不自由な人とコミュニケーションを取ることは簡単になります。しかし、個人一人一人が手話への理解をもっと深め、手話ユーザーが増えれば、耳やことばの不自由な人にとって社会はさらに生きやすいものに変わっていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。