車いすテニスで生涯グランドスラム達成!国枝慎吾の軌跡を振り返り

車いすテニスで生涯グランドスラム達成!国枝慎吾の軌跡を振り返り

日本人テニスプレーヤーとして有名な選手といえば錦織圭選手や大坂なおみ選手を思い浮かべる方が大半だと思います。ここで、忘れてはいけないのが車いすテニスの国枝慎吾選手です。2022年6月7月にかけて行われたウィンブルドンで優勝を果たし、テニスの四大大会(全豪、全仏、ウィンブルドン、全米)とパラリンピックを制覇する生涯グランドスラムを達成しました。

そこで今回は車いすテニス界を牽引し続けている国枝慎吾選手の軌跡を振り返っていきます!

11歳いすテニスとの出会い

国枝慎吾選手は9歳の時に脊椎腫瘍の影響で半身不随となり、車いすでの生活となりました。それまで活発な少年だったこともあり、車いすバスケなども探したようですが見つからず、母親の勧め小学6年生の時に車いすテニスを始めたそうです。

テニス用の車いすに乗った時からチェアワークは目を見張るものがあり、最初は気乗りしなかったものの「車いすテニスをやってみようという気持ちになったそうです。

16歳本格的に競技に打ち込む

麗澤高校に進学し、高校1年生で初めて海外遠征に参加。そこで、多くの刺激を受けます。特に当時車いすテニスで世界トップクラスに君臨していたリッキー・モーリエ氏のプレーに感銘を受け、この競技で頂点を目指したいという思いが明確なものとなり、より一層車いすテニスに打ち込むようになりました。

【19歳】大学1年生で全日本選手権初優勝

麗澤大学に進学した2003年、国枝選手はワールドチームカップに出場し、日本チームの大会初優勝に大きく貢献しました。

さらにNEC全日本選抜車いすテニス選手権大会男子シングルスでは連覇を続けていた斎田悟司選手を破って初優勝を飾ります。その後も大会を連覇するなど国内でも安定した強さを発揮しています。

【23歳】全豪オープングランドスラム初制覇

国枝慎吾選手のグランドスラム初制覇は2007年全豪オープンです。その優勝で勢いづいたのか、その年史上初となる車いすテニス男子シングルスの年間グランドスラム(全豪オープン、ジャパンオープン、ブリティッシュオープン、全米ウィールチェアの4大会を制覇)を達成しました。

※2016年までウインブルドンは車いすテニスの大会ではなく、それまではジャパンオープンがグランドスラムの対象となっていました。

その後も好成績を残し続け、2022年のウィンブルドン選手権前まででグランドスラム27勝(全豪11、全仏8、全米8)という、とてつもない成績を残しています。ちなみに、健常者の男子シングルス最多優勝はラファエル・ナダル選手の22勝ですので、27勝というのがいかに凄いか伺えますね。

パラリンピックには5大会連続出場、6つのメダルを獲得

国枝慎吾選手は2004年のアテネパラリンピックから2021年の東京パラリンピックまで5大会連続で出場し、シングルスダブルス共にメダリストとなってます(金メダル4つ、銅メダル2つ)。

2004年 アテネ

·       シングルス 金メダル

2008年 北京

·       シングルス 金メダル

·       ダブルス 銅メダル

2012年 ロンドン

·       シングルス 金メダル

2016年 リオデジャネイロ

·       ダブルス 銅メダル

2016年のリオデジャネイロオリンピックは怪我をおしての出場であり、本調子とは言えない中、長年ペアを組む斎田悟司選手と共に銅メダルに輝いたのは流石の一言です。

2021年 東京

·       シングルス 金メダル

ウィンブルドン初制覇で生涯グランドスラムを達成

2016年にウィンブルドン選手権が車いすテニスの男女シングルスに追加され、健常者と同様の大会形態となりました。国枝選手はこのウィンブルドンだけなかなか優勝できていませんでしたが、ついに2022年に優勝を果たしました。

この優勝によって男子シングルス史上初の生涯グランドスラムおよびパラリンピックも含めて制覇する生涯ゴールデンスラムを達成しました。

シングルスで生涯ゴールデンスラムを達成しているのは健常者も含めて5名のみです。

男子

  アンドレ・アガシさん

  ラファエル・ナダル選手

女子

  シュテフィ・グラフさん

  セレナ・ウィリアムズ選手

テニス界を彩ってきた、錚々たるメンバーですよね。そんな中に日本人選手の名前が刻まれたことは非常に誇らしい快挙です!

まとめ

今回は生涯ゴールデンスラムを達成した国枝慎吾選手についてまとめてきました。ダイジェストとはいえこれだけの好成績をコンスタントに残し続けていることに尊敬すると共に純粋に驚きを感じました。ご本人もおっしゃっているように国枝慎吾選手に注目が集まっている間に車いすテニスを積極的に普及して、後進の育成にも尽力してもらえるといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。