西村賢太死因不明でワクチン説浮上「副反応・若いから」と因果づける

作家の西村賢太さんが急死したことが報じられて話題になっています。西村賢太さんは4日にタクシーに乗っている際に意識を失い救急搬送。その後5日に亡くなられています。マスコミが死因について詳しく報じないことから一部ではワクチン接種による副反応ではないかと反ワクチン派がこの機を利用しています。

丸山一平の顔画像!「アリ以下の存在」米丸怜那さんを不倫に巻き込み殺害

2022年1月29日

西村賢太,死因不明でメタボが原因か

西村賢太さんの死因については現在調査中とのことでハッキリしたことは分かっていません。西村賢太さんはかなり太った体型をしておりメタボ予備群あるいはメタボだった可能性が十分にあります。

また、著書「私小説書きの日乗」によれば日記を読むたび毎晩のようにお酒を飲んでいたとのこと。食事の量も多く見た目そのままに暴飲暴食をしていたことが伺えます。さらに、タバコも吸っており体に悪影響を及ぼすものを数多く摂取していたことが分かりました。

西村賢太の顔画像

(画像:西村賢太[左])

また、西村賢太さんが過去にテレビ番組に出演した際には酒臭いことを指摘されていたようです。

ゴロウデラックス見てる。西村賢太、酒臭いらしいw

実は西村賢太さん元々お酒は飲めなかったのです。というのも両親が共にお酒が飲めない家系だったことから西村賢太さんもお酒に強くはなかったでしょう。しかし、ある事をきっかけに西村賢太さんはお酒を飲めるようにしたとのこと。

それは西村賢太さんが中学生の時に父親が強姦事件を起こして逮捕された出来事。その際に両親は離婚しており中学生の西村賢太さんにはとてつもない影響を与えたはずです。西村賢太さんはそんな父親の存在を忘れるためか無理矢理お酒を飲めるようにしていったのです。

西村賢太は無理矢理お酒を飲める体質にした

西村賢太、もともと両親ともに酒が飲めない家系だったが、父親の影を振り払いたくて無理矢理酒を飲める体にしたといっていたし、肝臓にきてたのかも知れないな。宝の純を飲もう。

また、西村賢太さんは4日にタクシーに乗車中に意識を失い救急搬送。タクシーで意識を失った時点で既に心肺停止の状態でした。

西村賢太心肺停止で死因は不明

西村さんは4日夜、タクシーの中で具合が悪くなり、病院に運ばれたときには心臓が止まっていたという。医師が蘇生を試みたが、再度の心臓停止となった。

西村賢太さんは常日頃から暴飲暴食をしており、タクシーで突如意識を失ったことを踏まえると普段の生活習慣病が原因となっていると考えるのが妥当でしょう。メタボは脳梗塞や肝硬変など。元からお酒に強い体質ではないにもかかわらず毎日のようにお酒を飲んでいたのであれば肝臓はかなり弱っていたはず。

また、肥満体型であることからも肝臓だけでなく体のいろんな器官に悪影響を与えたいたことが想像できます。飲酒や喫煙などにより体内や脳に蓄積されていたものが抱えきれず心臓や脳血管などに異常をきたしたのではないかと。

西村賢太の死因は心臓・脳血管系疾患

心臓・脳血管系疾患だな

沖縄眼球破裂高校生「逃げれた?」とLINE

古塔つみの顔画像と本名

 

反ワクチン派が「副反応・若いから」と因果づける

そして、西村賢太さんの死因が不明であるのを言いことに反ワクチン派や陰謀論者たちがワクチンやコロナが原因ではいかと躍動しているのです。

西村賢太の死因にワクチン説浮上

小説家の西村賢太さん、54歳では早すぎる。 ワクチン何回打ったのか、打たなかったのか

心よりご冥福をお祈り致します。
死因が明らかになってないのはコロナに感染していたか、ワクチン接種によるものかな?断定はできないけど…

西村賢太さんは54歳とまだまだ若くこれからでもあるのですが、さすがに毎晩のようにお酒を飲みタバコを吸っておりあの体型を踏まえると何かしら生活習慣病が原因となっているのは明らかなはずです。それでも陰謀論者たちはどうにかしてワクチンと関連付けさせたいようです。

彼らの中ではどうしても芸能人の突然死や年を若くして亡くなったことについて何かといちゃもんを付けたり関連付けたいのでしょう。おそらく目的はワクチン接種に対する反対運動ではある思いますが、芸能人の訃報は話題になる分陰謀論をツイートすることで食いつきがよくなることも分かってやっているはずです。

しかし、西村賢太さんの普段の生活を見る限りワクチンは全く関係なく生活習慣病が原因になっているはずです。むしろ西村賢太さんはワクチンを打っていなさそうなイメージがあり、いつ亡くなってもいいような生活を送っていたと思われます。

丸山一平,不倫の末に米丸怜那さん殺害事件

古塔つみ(後藤弘充)の正体と顔画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。