コボットが未来である理由

コボットが未来である理由

協働ロボット(コボット)は、共有ワークスペースで人間の作業者と連携するように設計されたロボットです。 それどころか、産業用ロボットは通常自律的に動作し、人間との物理的な相互作用はほとんどありません。 コボットは、業界でますます重要な役割を果たします。

コボットとロボット

従来の産業用ロボットは、ワークスペースを人々と共同で共有したり共有したりすることを目的としていません。 実際、安全上の理由から、産業用ロボットは通常、限られたスペースに配備され、ケージに入れられ、人間の労働者から保護されています。

コボットは、安全性を最優先に設計されています。 90年代に導入された初期のコボットには、労働者が提供する原動力がありませんでした。 後続のモデルの電力量は限られています。 さらに、コボットは、人間の労働者を安全に支援するために、従来の産業用ロボットよりも賢くなければなりません。 彼らは状況、彼らの動き、そして労働者の動きを認識する必要があります。

コボットはまた、産業用ロボットよりも小型で移動性が高い傾向があります。 これらのプロパティは、コボットと人間が並行して作業するために不可欠です。 実際、現代のコボットは通常、人間のコボットと同様に人間のサイズのプロファイルを持っています。 したがって、工場では、ワークスペースを大幅に変更することなく、新しいコボットをインストールできます。

なぜコボットは未来なのですか?

コボットは、メーカーに前例のない柔軟性を提供します。 それでも、人間の労働者を必要とするプロセスの部分的な自動化が可能です。 産業用ロボットと比較して、ほとんどのコボットはセットアッププロセスが簡単で安価です。 さまざまな出力に合わせて調整するのも簡単です。 中小規模のメーカーは、これらのメリットが非常に望ましいと考えています。

コボットのコンパクトなデザインは、製造現場のスペースを活用するのに役立ちます。 彼らは一般的に人間の労働者よりも少ない作業スペースを必要とします。 コボットはモバイルで、セットアップと再配置が簡単です。 また、より安全な作業環境を保証します。

コボットは、人間と機械の相互作用と効率を向上させます。 人間の労働者は、機械がその作業を終了するのを待つ必要はありません。 従来のセットアップでは、故障したロボットが生産プロセス全体を停止する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。